三女なつは、『多中心型リンパ腫』のため、約1年間抗がん治療を続けましたが
多剤耐性により抗がん剤が効かなくなり、治療を断念して1ヵ月後
2008年10月29日午後7時15分ごろ、お花畑に旅立ちました。
笑顔のキュートな、親孝行な娘でした。

次女エリーは、原因不明の大腸の炎症から重度の感染症にかかり
DⅠC⇒播種性血管内凝固(はしゅせいけっかんないぎょうこ)の状態に陥り
2ヶ月半と言う短い闘病生活の中、何度も奇跡的な回復を見せてくれましたが
2012年11月10日午後9時50分ごろ、お花畑に旅立ちました。
なつもメイも大好きな、優しいがんばり屋さんのおねえちゃんでした。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキングに参加しとります。

うっかり  ←こちらを   ちゃっかり  ←こちらと
そして最後に しっかり  ←こちらも

ぽちポチッとしていただけると、わんほのちゃんが踊ります♪
2012.08.29 今のエリー。。。
エリー
今朝のエリー、行きはわんほのちゃんがダッコ

ダッコ中のエリー
帰りは、とうちゃんがダッコします。

介助
こんな風に介助をしながら

チッコ
チッコ済をませると

エリー
ヘタりこむので、またダッコで帰ります。

エリー
昨日までは、毎日病院で点滴治療をしていました。

25日
白血球 通常6000~17000のところ 針を振り切り
血小板 通常  12~   38のところ 2.1

26日
白血球 99000
血小板   0.6

27日
白血球 97500
血小板   1.4

この日から、1日3回の強めの抗生物質に変更
夜中の12時に、自宅にて投与。

28日
白血球 72700
血小板   0.9

この日は、担当のW先生はお休みだったのだけど
代わりのN先生が、W先生と電話で相談した結果
DⅠC⇒播種性血管内凝固(はしゅせいけっかんないぎょうこ)の
疑いありで、採血して検査に出してくれた。

DICとは・・・
簡単に言うと、何か重篤な病気があるとき、身体がダメージを受けすぎて
出血と止血のバランスが、めちゃくちゃになってしまう状態。
DICになると、身体の中で血の塊を作りやすく、それが血管に詰まり
多臓器不全を起こしたり、逆に出血が止まらなくなったりします。
DICを起こす原因としては、「がん」「重度の感染症」「熱中症」
「急性膵炎」「免疫介在性貧血」などがあります。
DICであるということは、死と隣り合わせの危険な状態を示しています。
特別な治療法はなく、元々の病気を治さない限り、その危険な状態から
抜けだすことはできません。
それほど、DICとは、怖い状態だということです。

エリーの場合は、血小板が少ないことから、出血しやすい状態です。
治療法はないけれど、元々の病気を治療しつつ、輸血という方法もあり
N先生からも、もしDICと結果がでた場合
輸血をしながら抗生物質を投与して、経過を看る方法もあると言われました。

赤塚さんでは、病院で輸血の準備も出来るそうです。
でもね、エリーは体重があるから、輸血量もそれなりに必要だし
輸血をしても、血小板はほんの数時間しか持たず
いったい何回輸血をすれば良いかもわからず
血液を提供してくれるわんこにも、飼い主さんにも負担をかけるわけで
当然、エリーにも負担がかかるわけです。

わんほの夫婦は、DICと診断されても輸血はしない選択をして
N先生にも、それを伝えました。
今日は、W先生もN先生もお休みのため、引き継いでくれたK先生に
もう病院に預けるのはやめて、自宅で看たいと伝えたところ
自宅で点滴治療と、抗生物質の投与も出来るようにしてくれました。

点滴治療の機械

結果はお昼過ぎに出て、5個の項目のうち3個に該当
1個はぎりぎりのラインなので、今日の様子から
DIC一歩手前、もしくはDICと診断してもおかしくない状態と
診断されました。
今日はお休みのW先生が、病院で点滴してると思って
エリーの様子を看に、病院に来てくれたそうです。
なつのときも、J先生には親身になって診ていただいたけど
お休みでも、エリーを気にかけてくださるなんて
本当にありがたく、ありきたりだけど感謝の一言です。

でもやっぱり、自宅で看ることにして、良かった・・・

点滴中。。。
今日は11時・19時・3時に抗生物質を投与します。
輸血ほどの効果はないけれど、皮下注射をする方法があるそうです。
それが、どれほどの効果があるのか?わからないけれど
朝のエリーの様子で、連れていくかどうかは決めて
明日W先生と、もう一度相談することにしました。

とりあえず、今の抗生物質が、どこまで効いてくれるのか?
今は、それだけが頼りですが、望みは薄いと思われ
エリーがひどく苦しむ場合、最悪の選択をする覚悟もしています。

今日の夕方、トイレのために連れだしたとき
同じマンションの、わんこと暮らしてた方
今もわんこと暮らしてる方に、イイコイイコされて
思いっきりしっぽを振って、答えてたエリー
大好きな人に、イイコイイコされて、嬉しかったね。

エリー
あとは、エリーの生命力にかけるしかありません。

「病気とは思えないね」

ご近所さんに言われたほど、嬉しそうだったエリー。
25日から27日までは、嘔吐のため絶食。
吐き気止めを投与してもらい、28日には
ミキサーにかけた、お野菜と鶏ささみとご飯を
液状にして、ほんの少し食べてくれたけど
今日はお水を飲んでも、吐いてしまって
いつ何が起きてもおかしくない、危篤状態です。

エリー・・・
先週の今日は、いつものようにお散歩を楽しんだのにね。
お散歩と食べることが、大好きだったのに
こんな日は、まだまだ先のことだと思ってた。
急にこんなことになるなんて、思いもしなかったよ。
がんばらなくていいからね。
ずっとずっと、そばにいるからね。。。


ブログランキングに参加しとります。

うっかり  ←こちらを   ちゃっかり  ←こちらと
そして最後に しっかり  ←こちらも

ぽちポチッとしていただけると、わんほのちゃんが踊ります♪

←削除・編集時に使います
Secret ←管理人だけに公開

TrackBackURL
→http://mylifewithdog.blog101.fc2.com/tb.php/535-a7048306
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。