三女なつは、『多中心型リンパ腫』のため、約1年間抗がん治療を続けましたが
多剤耐性により抗がん剤が効かなくなり、治療を断念して1ヵ月後
2008年10月29日午後7時15分ごろ、お花畑に旅立ちました。
笑顔のキュートな、親孝行な娘でした。

次女エリーは、原因不明の大腸の炎症から重度の感染症にかかり
DⅠC⇒播種性血管内凝固(はしゅせいけっかんないぎょうこ)の状態に陥り
2ヶ月半と言う短い闘病生活の中、何度も奇跡的な回復を見せてくれましたが
2012年11月10日午後9時50分ごろ、お花畑に旅立ちました。
なつもメイも大好きな、優しいがんばり屋さんのおねえちゃんでした。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキングに参加しとります。

うっかり  ←こちらを   ちゃっかり  ←こちらと
そして最後に しっかり  ←こちらも

ぽちポチッとしていただけると、わんほのちゃんが踊ります♪
2012.08.11 そしてメイ・・・
メイ♪
メイのぽんぽんのしこりは、消えました。
もしかすると、毛穴からばいきんが入っただけかもしれません。
でももし、また出現するようなら要注意です。

で、消えて安心したとたん、今度は右前足の
内側にしこり発見・・・これも数日で消滅。
左足の炎症は、今も赤みはあるけれど
こんな風(↑の画像)に伏せてると、床に付いているので
肘ダコの出来始めの可能性がおおきいかな?と思ってます。

去年の今頃に、メイの足にポチっとなを見つけてて
何度も病院に行くことがあったのに、診てもらおうと思ってて
忘れるを繰り返し、3ヶ月も放置しちゃってたんだよね。
そう考えると、メイが肥満細胞腫を発症して
1年が経過したことになるのかな。。。

1度に複数の発症、また出来る場所によって、予後が悪い。
単発の場合でも、グレード1・ステージ1と診断されても
再発すれば、その都度摘出して病理検査を繰り返すしかない。

2個目が出ると、再発を繰り返すと言われているメイ。
肥満細胞腫は、進行が早いガンではないから
小さなしこりを見つけても、あわてず騒がず経過観察して
大きくなったり、炎症が悪化したり、悪い方に変化したら
すぐに受診、針を刺しての検査です。

エリー同様、メイもこちらの心配はよそに
元気はつらつの毎日だから、エリーと一緒に
今を楽しく過ごして行きましょう!



ブログランキングに参加しとります。

うっかり  ←こちらを   ちゃっかり  ←こちらと
そして最後に しっかり  ←こちらも

ぽちポチッとしていただけると、わんほのちゃんが踊ります♪

←削除・編集時に使います
Secret ←管理人だけに公開

TrackBackURL
→http://mylifewithdog.blog101.fc2.com/tb.php/532-5ed247a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。