三女なつは、『多中心型リンパ腫』のため、約1年間抗がん治療を続けましたが
多剤耐性により抗がん剤が効かなくなり、治療を断念して1ヵ月後
2008年10月29日午後7時15分ごろ、お花畑に旅立ちました。
笑顔のキュートな、親孝行な娘でした。

次女エリーは、原因不明の大腸の炎症から重度の感染症にかかり
DⅠC⇒播種性血管内凝固(はしゅせいけっかんないぎょうこ)の状態に陥り
2ヶ月半と言う短い闘病生活の中、何度も奇跡的な回復を見せてくれましたが
2012年11月10日午後9時50分ごろ、お花畑に旅立ちました。
なつもメイも大好きな、優しいがんばり屋さんのおねえちゃんでした。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキングに参加しとります。

うっかり  ←こちらを   ちゃっかり  ←こちらと
そして最後に しっかり  ←こちらも

ぽちポチッとしていただけると、わんほのちゃんが踊ります♪
2012.07.12 エリーの経過。。。
エリー♪
クッシング病・・・もどき(笑)のエリーです。
2.3ヶ月に一度、コルチゾール検査をしとります。
膀胱炎が治りにくい以外は、症状のないエリー。
治りにくいと言っても、菌が出たり出なかったり
半年以上も、菌を持ったままで過ごしていた時もあった。

3月末にした検査で、24.2
グレーゾーンギリギリと、言われていました。
そのあと、担当のW先生がお休みで、M先生に診てもらった時
この数値でも、治療に入る場合もあるそうな。
エリーの場合、症状がほとんどないことから
経過観察になっているんだろうと言われた。

んで、6月末の検査では、なんと19.6と数値が下がった。
尿検査も、このところまったく菌が出てないんだよね。

「先生、ミドリムシがいいのかも(笑)」

数値が良いと、毎回このセリフのわんほのちゃん。
W先生、毎回笑っとります。

クッシングの方は、経過観察なんだけど
那須旅行に行く、3日ほど前から、うんちくんに
血が混じるようになりました。
最初は一過性のものかと思ってたけど、旅行から帰ってから
3~4日に一度、赤い鮮血が混じるように・・・
うんちくんに菌はなく、肛門周辺にも異常はなく
肛門から指を入れての触診でも、超音波検査でも
異常のあるところは確認出来ず。
見えない部分もあるし、おそらく大腸に異常があると
考えられるので、とりあえず、炎症止めを5日間飲んで、経過観察をした。
でも5日目にまたまた、血が混じったのねん。
うんちくんの状態も確認してたんだけど、良いときもあれば
軟便の時もあり、うんちくんの周りが赤くなってたり
真っ赤な鮮血が付いてたり、3回4回5回とするときは
粘膜便が真っ赤だったり・・・

結局、原因がわからなければ、治療のしようもないので
来週18日の夜から、エリーさん病院に宿泊し
夜から絶食、麻酔後内視鏡検査をすることになりました。

エリー♪
立ち止まると、「早く行こう!」と吠えてたエリーも
今は、こんな風におとなしくフセて待つようになった。

麻酔も心配だけど、検査の結果も心配なところ。

副腎が大きくなっているから、クッシングの可能性も大きい。
ほとんど症状もなく、血便が出てても、毎日よく食べよく眠り
今も朝のお散歩は、1時間半以上歩いております。

あと3ヶ月で、13歳になるエリー。
この毎日が、1日でも長く続きますように。。。


ブログランキングに参加しとります。

うっかり  ←こちらを   ちゃっかり  ←こちらと
そして最後に しっかり  ←こちらも

ぽちポチッとしていただけると、わんほのちゃんが踊ります♪

←削除・編集時に使います
Secret ←管理人だけに公開

TrackBackURL
→http://mylifewithdog.blog101.fc2.com/tb.php/522-812482a2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。