三女なつは、『多中心型リンパ腫』のため、約1年間抗がん治療を続けましたが
多剤耐性により抗がん剤が効かなくなり、治療を断念して1ヵ月後
2008年10月29日午後7時15分ごろ、お花畑に旅立ちました。
笑顔のキュートな、親孝行な娘でした。

次女エリーは、原因不明の大腸の炎症から重度の感染症にかかり
DⅠC⇒播種性血管内凝固(はしゅせいけっかんないぎょうこ)の状態に陥り
2ヶ月半と言う短い闘病生活の中、何度も奇跡的な回復を見せてくれましたが
2012年11月10日午後9時50分ごろ、お花畑に旅立ちました。
なつもメイも大好きな、優しいがんばり屋さんのおねえちゃんでした。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキングに参加しとります。

うっかり  ←こちらを   ちゃっかり  ←こちらと
そして最後に しっかり  ←こちらも

ぽちポチッとしていただけると、わんほのちゃんが踊ります♪
2011.11.14 終わりました!
メイの手術は、無事に終わりました。
どうもわんほのちゃん、かなりテンパっていたようで
なんで・・・(T△T) 』の書き込みに、間違いがありました。

まずは、病名から・・・(そこを間違えるか?)
脂肪細胞腫・・・ではなく

『肥満細胞腫』

で、ごじゃります(・ω・;)
これは、太っているからとかじゃなく
肥満細胞は、人間も持っているそうで
加齢による免疫低下により、肥満細胞が悪性化するということらしい。
なので、9歳前後の発症が多いらしいのだけど
稀に若い子でも、発症することがあるそうで
6ヶ月の子でも、発症した例があるそうな・・・
で、メイもその稀の中に、入ってしまったわけです。
ネットの中で見つけた書き込みに、どうもアレルギーのような
炎症の多い子は危険らしく、考えたらメイも
前足の肉球の間が、ずっと炎症を起こしてて
なかなか治らなかったんだよな~。

と言っても、発症の原因は、不明。。。
さらには、『肥満細胞腫』は、悪性のガンだそうです。

摘出した腫瘍は、組織検査をします。
これは、悪性か?良性か?ということじゃなく
肥満細胞腫は根を張るタイプなので、摘出した腫瘍内で
根が留まっているか?それ以上に伸びてしまってるか?
さらに、血管やリンパ管に浸潤してないか?・・・の
検査だそうです。

摘出した腫瘍内に留まっていれば、あとは傷が治ればOK。
でも、もし2個目が発症したら、多発する可能性があり。
そうなると、その度に摘出手術と組織検査を繰り返すようです。
もし、それ以上に伸びていた場合、拡大切除になるか?
また血管やリンパ管に浸潤していたら、肥満細胞腫は全身に
回っていることになるから、抗がん治療になるか?
・・・と言うことらしいです。

手術の際の検査で、肝臓・腎臓・脾臓・リンパ節への転移は
見られなかったので、あとは検査の結果待ちです。

んで、メイはと言いますと・・・
朝一で病院に行き、夕方6時過ぎには帰ってきました。
お迎えに行き、診察室で話を聞いてる間
ずっとダッコで、わんほのちゃんにしがみついてボォ~。
階段の昇り降りと、お散歩は禁止と言われて
帰りの階段はダッコで・・・家に着くと
術後のメイ
この状態で、コックリコックリ・・・
痛みがあるのか?引きつるのか?横になれないようなので
わんほのちゃんの膝枕で、横にして寝かせると

術後のメイ
スースーと寝息を立てて、眠り始めました。
傷口から、少々出血があって痛々しいです。
夜中も何度も起きて、お布団に入ったり出たり・・・

ところが翌日には、とうちゃんも起きてくると、元気爆発!
元気爆発!
前日のストレスを発散させるかのように
部屋の中を、走り回ったために止めたのだけど
またしても、出血が・・・で、10時過ぎに受診した。

「うわ~、メイちゃん、やっちゃったな~」

のあと、ダッコを要求して、飛び跳ねるのを看て

「元気だな~(笑)」

獣医さんも、ビックリしとりました(≧▼≦;)
その時、傷口も見せてもらいました。
12~3cm程切開し、皮膚を引っ張って縫い合わせてありました。
筋膜も切除したけど、筋肉自体には触ってないとのこと
筋膜をはがすと、ショウエキと言うのが出るそうだけど
獣医さんが診て、これくらいなら問題なしとのこと。
走ったり、飛び跳ねたりしても、糸は切れてないし
引きつってもいないようなので、階段もお散歩も解禁となりました。
なるべく負担のないよう、切開しつつ摘出してくれたとのこと。
その言葉通り、メイは痛みも引きつりもほとんど感じてない様子。

エリー&メイの避妊手術の時も、感じたけど
獣医のW先生、今回の手術もお見事です。
こんな言い方も変だけど、手術の経験も豊富だし
エリーが我が家に来た時から、ずっといるベテラン先生です。
言葉は淡々としてるけど、気兼ねなくなんでも聞けるし
料金のことも含めて、わかりやすく説明してくれて、信頼できる先生です。
こういう時って、お金の話は二の次になっちゃうけど
病気の説明や手術のやり方、料金のことって
あとで、聞いてないなんてことを言う人がいるから、大事なことだよね。

傷口に、ガーゼを当てて、包帯がずれないよう胴周りにも巻いてもらって
血やらショウエキが、滲みてこなければ、火曜日に受診。

ネンネ
定位置のでネンネ。
夕方のお散歩は、いつものようにエリーと一緒に出ました。
夜になると、ヘソ天姿も見れて
ヘソ天
なんとなく、安心です!

でも右側から起き上がることが出来ず、あたふたするので
左側が下になるように、クルリと回してやると、起き上がれます。

今朝も、いつものようにエリーと一緒に
1時間半ほどのお散歩に出たけど、出血する様子もなく
今もわんほのちゃんにくっついて 眠っております。

毎朝、義弟となつにお線香を上げてるけど
苦しい時のなつ頼み!

「どうか、検査の結果が良好でありますように!
 いくらなんでも、まだ連れて行かないでよ~」

と、お願いしとります。

どうか、どうか、検査の結果が良好でありますように!


さて、エリーのホルモン検査の結果も出ました。
結果としては、グレーゾーン。
とは言え、今はエリーの何も症状が出てないので経過観察。
でも2ヶ月に1度、ホルモン検査をして
様子を看た方が良いそうです。

次回の検査は、1月のワクチンの時になりました。

ついつい最悪のことばかり、考えてしまうけど
なつが教えてくれたこと、今を大切にすること!

エリーもメイも、元気元気♪
そしてエリーもメイも、超音波検査で
ポンポンを丸刈りにされてしまったので
またまた「ハゲポンシスターズ」結成でごじゃります
(*⌒m⌒*)ぷっっ♪


ブログランキングに参加しとります。

うっかり  ←こちらを   ちゃっかり  ←こちらと
そして最後に しっかり  ←こちらも

ぽちポチッとしていただけると、わんほのちゃんが踊ります♪

←削除・編集時に使います
Secret ←管理人だけに公開

TrackBackURL
→http://mylifewithdog.blog101.fc2.com/tb.php/475-65b0e20f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。