三女なつは、『多中心型リンパ腫』のため、約1年間抗がん治療を続けましたが
多剤耐性により抗がん剤が効かなくなり、治療を断念して1ヵ月後
2008年10月29日午後7時15分ごろ、お花畑に旅立ちました。
笑顔のキュートな、親孝行な娘でした。

次女エリーは、原因不明の大腸の炎症から重度の感染症にかかり
DⅠC⇒播種性血管内凝固(はしゅせいけっかんないぎょうこ)の状態に陥り
2ヶ月半と言う短い闘病生活の中、何度も奇跡的な回復を見せてくれましたが
2012年11月10日午後9時50分ごろ、お花畑に旅立ちました。
なつもメイも大好きな、優しいがんばり屋さんのおねえちゃんでした。
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキングに参加しとります。

うっかり  ←こちらを   ちゃっかり  ←こちらと
そして最後に しっかり  ←こちらも

ぽちポチッとしていただけると、わんほのちゃんが踊ります♪
2008.09.30 9月30日治療費
最後の『L-アスパラギナーゼ』投与。

点滴治療     4000円
抗がん注射    5000円
診察料        500円

消費税        470円
合計        9970円
スポンサーサイト



ブログランキングに参加しとります。

うっかり  ←こちらを   ちゃっかり  ←こちらと
そして最後に しっかり  ←こちらも

ぽちポチッとしていただけると、わんほのちゃんが踊ります♪
2008.09.30 1週間ぶり。。。
なかなか更新が出来ずで、1週間が過ぎてしまった。

なつは朝夕のお散歩にも出るようになって
先週は元気に過ごしていました。
嬉しい~♪
お外では、こんな笑顔も見れました♪

週末当たりから、朝のテンションが上がらなくなって
お外には行きたがるけど、歩くのは拒否。
朝は食事も拒否するのだけど、10時過ぎくらいから
おやつの催促が始まり、その後は元気も食欲も回復してくると言う感じだった。
とは言え、食べてる量としては少ないので、体重も増える様子はなく
それと同時に、なんだかお腹がポコンとしてるような感じがしてきた。
また痩せてしまって、お腹のふくらみが目立つのかと思ってた。

そして昨日の診察日。。。
血液検査のために、一度先生に預けて待合室で待っていると

「おかあさん、なっちゃんお腹がちょっと膨らんでますよね」

白血球は17200、『メルファラン』を服用してるわりに高い数値。
血小板はしっかりあるとのことで、まだお薬の効果が出てない感じ。
その他いくつかの可能性を説明されて、急遽レントゲンを撮ることになったのだけど
超音波検査もお願いして、義弟も動き出す時間なので
なつを病院に預けて、一旦帰宅。
とうちゃんともいろいろ話し合いをし、ある程度の覚悟をして
いつものように、夕方お迎えに行った。

結果は、肝臓と脾臓がかなり大きくなっているということ。
また手では確認できない、膀胱の辺りや背骨の裏側のリンパ節も大きくなっていて
内臓転移じゃないとも言い切れないし、内臓転移とも言い切れない状態。
転移かどうかを確実に診断するためには、お腹に針を刺さなければいけなくて
これは聞いただけで、針を刺すことはわんほのちゃんが拒否をしたのだけど
針を刺して転移が確認されたところで、治療法に変わりないとのこと。
第3ステージから、第4ステージに一歩踏み込んだ状態だと言われた。

肝臓の数値も異常に上がっているので、『プレトニゾン(ステロイド)』は中止。
ステロイドを中止にするので、胃腸薬もなし。
白血球の数値が高いので、抗生物質の服用と肝臓のお薬が処方された。
放射線治療は、片道2時間と全身麻酔はなつにとって負担が大きすぎるので
こちらから、放射線治療はもうやらないことを伝える。
今後首のしこりが大きくなってしまった時、『メルファラン』を服用していて
『L-アスパラギナーゼ』が使えるかどうかを聞いたら、それは大丈夫とのこと。
とうちゃんもわんほのも、『L-アスパラギナーゼ』は最後の砦じゃないけど
万が一、首のしこりが大きくなりすぎて、なつが苦しいのなら
もう1回だけ、『L-アスパラギナーゼ』を使いたいと思っている。
Y先生もJ先生と電話で相談してくれてて、同じ考えとのこと。

今後のことに付いては、とにかくなつに負担の少ないやり方で
好きな物をたくさん食べて、好きなように過ごして、お散歩もどんどん出て
ただ肝臓と脾臓が肥大してるので、お腹を打たないよう注意すること。
なつは避妊手術をしてないので、リンパ腫の影響で子宮蓄膿症になる恐れもあるので
最低でも月に一度、超音波検査を行い、内蔵と子宮の様子を確認していくこと。
あと1週間は『メルファラン』を服用しないと、その効果はわからないので
とりあえず、『メルファラン』はあと1週間続けることにして
来週月曜日の様子で、中止にするか続けるかはY先生と要相談。
続けたとしても、どこでやめるかはこちらで判断しても良いとのこと。

「この1年、なつは本当によくがんばったから」
「うん、よくがんばったよね~、なっちゃん。
 採血の時もジッとして動かないし、ゲージの中でもおりこうさんだったもんね。
 おかあさん、お迎え来たよ~って言うと、目が変わるんですよ」
「もう寂しい思いはさせたくないから」
「なるべく通院も少なくして、お家でみんなで過ごせるようにしましょうね」

『メルファラン』を続けるかどうかは、あと1週間様子を看るけど
今後は、人間で言うところの緩和ケアということ・・・
がんばったね、なちゅ!もう痛いことはやめようね。
エリー姉さんと一緒♪
今度の日曜日、なつは7歳になります!

まだ気持ちの整理が出来てないので、更新が出来ないと思いますが
これからも、なつを応援してやってくださいo( _ _ )o

ななママ♪
コメントにお返事が出来ずで、ごめんなさい!


ブログランキングに参加しとります。

うっかり  ←こちらを   ちゃっかり  ←こちらと
そして最後に しっかり  ←こちらも

ぽちポチッとしていただけると、わんほのちゃんが踊ります♪
2008.09.30 9月29日治療費
血液検査・超音波・レントゲン

血液検査            4000円
レントゲン検査         5000円
超音波検査           3000円
内服総合薬           2100円
抗がん内服(メルファラン)  2400円
診察料               500円

消費税               850円
合計              17850円


ブログランキングに参加しとります。

うっかり  ←こちらを   ちゃっかり  ←こちらと
そして最後に しっかり  ←こちらも

ぽちポチッとしていただけると、わんほのちゃんが踊ります♪
2008.09.23 診察日。。。
先週末から、少々グッタリしてしまって
パソコンを開ける気力もなかったわんほのちゃんでっす。

放射線治療後、少しずつだけど、首のしこりが小さくなってきたけど
他の部分に付いては、逆に少しずつ大きくなってきてます。
土曜日辺りから、なつの食欲が落ちてきて、食いつきが悪くなってたんだけど
昨日の朝はまったく食べず・・・が・・・食べる物を選んでるという感じ。
たぶん放射線の影響だろうと思うけど、今までの副作用よりは軽いし
まったく食べないわけではないので、それほどの心配はなさそう。
何より、なつ自身が食べてなくても、わりと元気があるので救いになる。

昨日は、Y先生とどの抗がん剤を使っていくかも、相談する日。
麻布大学のM先生とも、相談してくれることになっていたので
いつものように、朝一で病院へ。

首のしこりは、ゴロゴロと左右3個ずつくらいあるしこりのうち
1個が小さくなってきてるような感じで、まだまだ大きい。
この1週間で、まだ小さくなる可能性もあるので
首のしこりに付いては、来週月曜日まで様子を看ることになった。
その時の状態によっって、10月1日以降2回目の放射線治療を
行うかそうかを、またM先生と相談してくれることになった。
他のしこりに付いては、5mmくらいずつ大きくなっているので
抗がん治療を再開することになった。

放射線治療をしてる間は、『ロムスチン』は使えないそうだ。
『サイクロフォスファマイド』は、まったく効かないわけではないけど
効果としては、期待が出来ない。
Y先生としては、『メルファラン』という他の腫瘍の抗がん剤を
使ってみるのはどうかと言われた。
このお薬は、素手で持ってはいけないと言われる。
もし触ってしまった場合は、すぐに石鹸で手を洗うようにも言われる。
ネットで調べると、毒性が強いお薬と書いてあった。
と言っても、抗がん剤なのだから、どのお薬だって毒性は強いんだろうし
だから副作用だって出るわけだし・・・
このお薬は、【多発性骨髄腫】という病気の子に使われているらしいけど
リンパ腫にも効果を得られるらしい。
今までなつが使ってきたお薬と、効き方が違うんだって。
Y先生にちゃんと説明されて、納得したんだけど
どう書けば良いかわからん、おバカちゃんでっす(* ̄ー ̄)>

なつはリンパ腫の抗がん剤には、多剤耐性になってしまってるけど
効き方の違うこのお薬なら、効果が得られる可能性があるって言われた。
麻布大学のM先生にも、問題がなければこのお薬を始めることを伝えてあるらしい。

大きな副作用としては、良い好中球と血小板が減少すること。
骨髄抑制とは、また少し違うらしいんだな。
主に血小板が減ってしまうので、ケガにはくれぐれも気をつけるように言われた。

白血球の数値は8300と、放射線による骨髄抑制はそれほどでもない。
そのうち良い好中球が7830あり、血小板も問題なし。
『メルファラン』は腎臓に問題があると使えないそうだけど、腎臓の数値にも問題なし。

毎朝、半錠を10日間服用後、維持のために1/4錠を服用するそうだ。
プレトニゾン(ステロイド)も再開、2種類の胃腸薬に抗生物質も処方された。

もう【完解】なんて、贅沢なことは言わないから
今のままのなつでいてくれれば、それでいい。

昨日の夕方になって、お腹のしこりの部分に内出血を見つけた。
すぐにY先生に電話したら、朝の診察の時に気が付いてたって。
先生はわんほのちゃんが、知ってると思ってたし
なつも特別痛がるわけでもないので、しこりを触りすぎたのかな?
って思ってたそうな(^m^*)
万が一、内出血が広がるようなら、明日もう一度受診するように言われた。

朝は食事を受け付けなかったなつだけど、夜には復活。
ずっと雨続きだったし、放射線治療の後だったから
お散歩も出てなかったけど、白血球の数値も悪くなかったから
お散歩の許可もでたし、今日はとうちゃんもいるので
今朝は一緒にお散歩に出た。
いつものように、嬉しそうにトコトコ歩く姿が可愛くて可愛くて♪
まだ警戒心はあって、臭いを嗅ぎながらだけど食欲も戻ってきた様子。
首のしこりも、昨日よりまたいくらか小さくなったように思う。
お腹の内出血は、昨日と変わりなし。

大好きなオモチャ!
家に戻って、いつものように大好きなオモチャを咥えて
部屋の中をウロウロし始めた。

アゴが・・・
ずっと咥えてるけど、アゴがくたびれない?(≧m≦)

今週は、経過観察。

「J先生と7歳のお誕生日を目標にしてきたから
 今度はY先生と、8歳のお誕生日を目標にしようと思って・・・」
「でもおかあさん、残酷なようですけど、なっちゃんの病気は
 1年生存率50%、2年生存率は25%ですから・・・」

J先生もそうだったけど、気休めは言わないと言うことだろうね。
常に覚悟は必要なんだろうな。。。


ブログランキングに参加しとります。

うっかり  ←こちらを   ちゃっかり  ←こちらと
そして最後に しっかり  ←こちらも

ぽちポチッとしていただけると、わんほのちゃんが踊ります♪
2008.09.22 9月22日治療費
放射線治療後の血液検査

血液検査            3000円
消火器系内服         1400円
消火器系内服         2100円
抗がん内服(プレトニゾン)   700円
抗がん内服(メルファラン)  2100円
診察料               500円

消費税               490円
合計               10290円


ブログランキングに参加しとります。

うっかり  ←こちらを   ちゃっかり  ←こちらと
そして最後に しっかり  ←こちらも

ぽちポチッとしていただけると、わんほのちゃんが踊ります♪
2008.09.18 追記。。。
麻布大学のM先生は、わんこの腫瘍科の先生で
Y先生が、麻布大学から赤塚さんに来ている数人の先生に聞いたところ
M先生が良いと誰もが言ったそうで、それでM先生に連絡をしてくれたそうな。

腫瘍専門の先生と聞いていたから、疑問に思ってたことも聞いてみた。
前に聞いた話で、『ロムスチン』を使用した子は最後に
血反吐を吐いて亡くなる子が多いと聞いたけど、本当か?どうか?ってこと。
『ロムスチン』をなつは一度だけ使っているけど
本当にそうなら、このお薬はもう使いたくないと言ったんだよね。

そうしたら、これにはいろいろ誤解があると言われた。
抗がん剤は、いろいろな種類があるけれど
『ロムスチン』はリンパ腫の抗がん剤としては、最後の砦と言われているお薬。
いろいろなお薬を使っても効かない場合、最終的に『ロムスチン』を使うので
悪者になってしまってるだけなんだって。
もちろん抗がん剤には、内臓に影響するお薬もあるから
嘔吐や下痢も起こしたりするわけだけど、内臓転移をすれば
転移した場所によっては、吐血もありえるわけで
抗がん剤のせいと言うわけではないと言うことらしい。

抗がん剤は、腫瘍も叩くけど良い細胞も叩いてしまうのだから
なにもないわけがない(ややこしや~、ややこしや~、ポン!)
その中で、なつはJ先生が看てくれてた頃から
なつには出来るだけ負担が少なく、いつもと変わらず過ごせるように
治療をしてくれていて、今も全身のしこりが大きくなってて
不思議なことに、再発を繰り返して4ヶ月が過ぎるのに内臓には転移がない。
抗がん剤はもうやめようって思っても、なんだか諦めもつかない状態で
放射線治療を選んだんだよね。

M先生に診ていただたことで、また何か別の道も開けるかもしれないから
もう一度抗がん治療をやってみようって、とうちゃんと話したんだ。
進行を止められないのなら、治療をすることで少しでもゆっくり進んでくれるなら
それもありなのかもしれないって思った。
だって、なつは本当に元気なんだもん。

今日はトレッサ内のペットショップに行って
なつのバースデーケーキを注文してきた。

J先生と目標だった7歳のお誕生日は、盛大にお祝いしよう♪
そして今度はY先生と、8歳のお誕生を目標にしようね。。。



ブログランキングに参加しとります。

うっかり  ←こちらを   ちゃっかり  ←こちらと
そして最後に しっかり  ←こちらも

ぽちポチッとしていただけると、わんほのちゃんが踊ります♪
2008.09.18 放射線治療の日
前日の火曜日の朝から、食事の食いつきが悪くなったなつ。
前みたいに、食欲が落ちて苦しくなってきたのかな?って心配になった。
砂肝だけは、ガツガツ食べるから、前回ほどではない様子。
寝る前にお水も下げて、絶食絶飲開始。
朝のお散歩はやめて、エリーのご飯のときは柵をして女中部屋で待たせたけど
それほど食べたいという感じもない。
いつもならおやつの催促もするのにそれもなく、ゴロッと横になってばかりいる。

「なちゅ、今日がんばったらきっと楽になるからね」

そう言いながら、昨日は家事は全部サボってしまったから
朝から時間を持て余しちゃって、HPの模様替えをしちゃった(^m^*)
それが終って、義弟を早めに起こして、出かける準備開始。

予約時間は13時30分。
渋滞する道を走るから、余裕を持って3時間見て、10時半に家を出発。
少し歩かせてから、車に乗ろうと思ったのだけど、歩きたがらず。
チッコをだけさせて、車に乗って出発した。
渋滞するのは16号という通りで、そこに出る前に一回車から降りて少し歩いた。
まったく知らない道だからかな?そこでは、トコトコ歩いて、良いうんちくんも出た。

なつは6年前の同じころ、膀胱に影があると言われて麻布大学を受診しているんだけど
さっぱり道が思い出せなくて、わんほのの弟の会社が相模原にあるので
弟はその辺りの道に詳しいから、電話をして道順を聞き、近くまで行って思い出し
12時40分過ぎには到着した。
やっぱり2時間はかかるんだよな。

車の中では、なつも落ち着かない様子で
助手席と後部座席を行ったり来たりしてたけど、車から降りたら
飲んでない、食べてないのに、吠えて元気に歩き出した。
でもやっぱり喉は渇いてるようなので、待合室にある水道の近くに行きたがり
そこはわんこがお水を飲めるよう、器も用意されてるから
他のわんこがお水を飲みだすと、なつも飲みたがっていた。

「なちゅ、もうちょっとガマン、ガマンだよ」

なつも絶食絶飲だからと思って、飲み物は飲んでたけど
わんほのちゃんも朝から何も食べずに、出かけたんだよね。

1時半過ぎ、M先生に呼ばれて、相談室へ。
赤塚さんからの書類を見ながら、治療経過を説明したりした。

「しこりの問題は別にして、治療内容もなつちゃんに負担が少なく
 お薬も良いお薬を使われているし、良い治療されてますね」

そう言われた。
やっぱりJ先生とY先生にお任せして、良かった。。。

「良いお顔してるし、元気もあるし、ガンを持っているとは思えないですね」

わんほの夫婦、なつの今の状態だって、心配で心配でしょうがないけど
大学に治療に来る、同じリンパ腫の子たちは、もっと重症で
なつと同じように、首にしこりのある子は、息をするのもやっと言う子が多く
グッタリとしている子ばかりだそうだ。
なつはまだそこまでにはなってないけど、3週間前は今よりもっと状態が悪かったので
そうなる前に治療をしたいと伝えると、そこはM先生も理解してくれていた。

放射線治療は、一点集中ということになる。
他の腫瘍の場合は、検査をした後計算をして照射する箇所をここと決めるらしいけど
リンパ腫の場合は全身のため、リンパ節のあるところは全部ということのなる。
なつの場合、今回は首のしこりの治療となるけど
左右共に3個ずつゴロゴロと腫瘍があるので、その1ケ所を決めても意味がなく
首全体に、言い方は悪いけど大雑把に照射するのだそうだ。
1回の照射で効いてくれれば1回で終わりだけど、腫瘍によって効き方も違うので
2回目3回目で効いてくる場合もあるらしいが、放射線は照射できる量が
決まっているので、それを超えてしまう場合は、そこで中止になるそうだ。
でもリンパ腫の場合、1回で効いてくる可能性が大きいので
赤塚さんのY先生に様子を看てもらい、もし効かなかった場合は
来週1週間、M先生はお休みに入るそうなので、再来週すぐに予約を入れて
2回目の照射をすると言われた。

今回の治療は、首のしこりに集中した治療だから、他の部分はケアされない。
放射線治療によって、首のしこりは小さくなっても、他の部分は動いている。
たとえばお腹のしこり、リンパ腫の場合は照射するとしたら
お腹全体に照射することになるから、内臓系に影響が出てしまうので
お腹のしこりには、放射線治療は出来ないのだそうだ。
なので他の部分に付いては、やはり抗がん治療を続けた方がいいと言うことだった。
『ロムスチン』と『サイクロフォスファマイド』は、耐性が出来にくいお薬なので
これが効かないとなると、他の抗がん剤も効かない可能性の方が高いらしい。
今現在なつは、内臓系にも問題はなく元気なので
今まで1回しか使ってない『ロムスチン』を、もう一度使ってみたり
『サイクロフォスファマイド』に『オンコビン』をかぶせて使うという方法もあるらしく
Y先生と相談して、治療は続けた方がいいと勧められた。

照射事態は5分程で終るらしいが、全身麻酔やその後の点滴を考えると
2時間前後かかるらしく、4時から5時くらいまでかかると言われ
同意書にサインをしたんだけど、全身麻酔の欄に

「死亡の可能性もある」

と書かれてるのを読んで、なんだか切なくてつらくなった。
2時15分過ぎ、M先生抱かれて診察室に消えたなつ。

「戻って来る時、ちゃんと目を開けててね」

って、心の中で言いながら見送ったよ。
とうちゃんに電話したけど、つながらなかったので
まずは腹ごしらえしとかないといけないと思って、近くのコンビニでおにぎりを買って
持って行った本を読みながら食べたけど、内容がちっとも頭に入らないし・・・
で、3時過ぎて、とうちゃんから電話が来た。
義弟のこともあるし、エリーも心配だったので、昨日は早く帰ってくることになってた。
3時前に家に戻って、エリーと義弟の様子を看てから電話をしてきたらしい。
M先生と話した内容を説明したりして、電話を切ったのが3時半過ぎ。
シートを倒して、ボーッとしてたら眠ってしまって、電話の音で目が覚めた。

4時15分過ぎ、終ったので迎えに来てくださいとのこと。
待合室で待つこと15分、4時半過ぎにM先生に抱かれて出てきたなつは

「放して~」

って、暴れておった(≧m≦)
もっとグッタリしてるのかと思ったけど、あまりにも元気だったから嬉しかった。
だいたいの子がもっとグッタリした状態での治療になるから
最初の鎮痛剤がすぐに効くらしいけど、なつは元気が良すぎてなかなか効かず
時間がかかったそうだ。
治療前は怖いことをたくさん言うけど、全身麻酔は99%が問題なく済むけど
残りの1%に問題があるために、説明の時話をするのだそうだ。
効果は3日目くらいから、しこりがやわらかくなってきて小さくなっていくらしい。
しこりが小さくなり始めたら、『腫瘍発融解症候群』が心配なので
赤塚さんで点滴を受けるように言われた。
なつ自身がいっぱい飲んで、ジャージャーとチッコをしてくれれば点滴の必要はなし。

車に乗ってすぐ、とうちゃんと赤塚さんのY先生にも連絡。
Y先生は、M先生とも連絡を取りながら、今後の治療に付いて考えてくれるとのこと。
特別問題がなければ、22日月曜日Y先生の診察となった。

とにかく元気に戻ってきてくれたので、まずは一安心。
もっとグッタリして戻ってくると思ったから、実はこんな物を用意してあった。
ハウス
中の毛布は、いつも家で使ってる物。
これを車の助手席に置いて、この中で寝かせておけば
ある程度の音は遮断できるし、カミナリとか怖い音がするときは
狭いところを好むから、この中なら安心できるかと思ったのだけど
想像に反して、元気に戻ってきたから、待ってる間に助手席に準備しておいたのに
どかしてくれって吠えて文句言われて、結局必要がなかった。
6000円もしたのにな~(≧▼≦;)
アタチのお家♪
なつが入るとこんな感じ。
カミナリ対策になるかもしれないから、まっいっか~♪

車の中では、やっぱりまだ麻酔が残ってるようでウツラウツラとしながら
助手席でジッとしてたので、休憩なしで走ることにした。
6時半過ぎには、家に到着。
階段下までとうちゃんに迎えに来てもらって、家に入ったらすぐにお水を飲んでた。
でも食欲はなかったらしく、夜のご飯は食べなかったけど砂肝は少し食べた。

今朝は、雨も降っていたのでお散歩の時はお留守番。
でも食欲は戻ったようで、朝から白ご飯入りの少な目のご飯を完食♪
いつもように、オモチャを咥えて歩き回ってた。

まだしこりに変化はないから、昨日は何かを感じ取ってたのかな?
とにかく1回目の、放射線治療は終了!
またまた福沢諭吉さんが、8人ほど旅立ちました(T▽T)アハハ
がんばったでしゅ!
「アタチ、がんばったでしゅ」

うん、よくがんばった!
この笑顔のためなら、とうちゃんもがんばるって (*´艸`)ウププ

1回の治療で、効果が出ますように。。。


ブログランキングに参加しとります。

うっかり  ←こちらを   ちゃっかり  ←こちらと
そして最後に しっかり  ←こちらも

ぽちポチッとしていただけると、わんほのちゃんが踊ります♪
2008.09.18 放射線治療費
麻布大学での放射線治療

初診料       4500円
放射線治療   68250円

合計(内税)   72750円


ブログランキングに参加しとります。

うっかり  ←こちらを   ちゃっかり  ←こちらと
そして最後に しっかり  ←こちらも

ぽちポチッとしていただけると、わんほのちゃんが踊ります♪
2008.09.15 検査。。。
今日は、赤塚さんで放射線治療前の血液検査なので
いつもより詳しく調べることになった。

血液検査結果
血液の状態としては、良好♪
肝臓の数値が高いのは、ステロイドを飲んでるからなのでこれは問題なし。
全身麻酔は問題なく出来るだろうと言われた。

これと同じものと、今までの治療内容を書いたものを持って
水曜日、麻布大学で放射線治療となります。
治療の12時間前から、絶食絶飲になるから
なつにとっては、つらい1日になるだろうなと思うと、ちょっと切ない。
でも食欲は落ちてないけど、呼吸に影響が出始めているので
これは早く楽にしてやりたいと思う。

「先生、お休みの日に連絡取ってくれたんですね」
「なっちゃんのしこりは待ってくれませんから、早く連絡しないといけないと思って」

って、先週休日を返上して麻布大学に連絡をしてくれたY先生にお礼を言った。
麻布の担当になるM先生も、呼吸や食欲に影響が出てしまう話を聞いて

「それは早急に処置をした方が良いでしょう」

ということで、一番早い時期に無理をして予約を入れてくれたらしい。
放射線治療は、最低でも4回はやることになるらしい。
放射線をやると、使えない抗がん剤もあるので、M先生と相談して
今後の抗がん治療は進めていくことになるらしい。
一時は抗がん治療はやめようと思ったけど、放射線をやることで
何かが変わるかもしれないから、もう一度抗がん治療はやることに決めた。

「なっちゃん、しつけが行き届いてるみたいで、本当におりこうさんなんですよ」

なんて、褒められちゃった(*´艸`)
検査のための血液は、首から取るらしいのだけど
普段の白血球など、ちょっとした検査だったら少量で済むけど
今回のようにいろいろ調べる時は、ある程度の量を抜かなくていけないそうな。
まずは診察台に乗せると、ちょっとピョンピョンと抵抗して飛び跳ねたりするらしいけど
お座りをさせて、「待て!」を言うと、ジッとして動かなくなるんだって。
でも「ハアハア」という息遣いをすると、頭が上下に揺れるから血管も動いちゃうらしいけど
首を持って、もう一度「待て!」というと、その「ハアハア」もやめて
終るまで、ジッとして動かなくなるそうな。

「だからとってもやりやすくて、本当におりこうさんなんだよね、なっちゃん」
「でも、しつけたのは、たぶんエリーだと思いますよ」

なつはしつけには、本当に手のかからない子で
全部エリーを見て覚えたんだもんね。
でもかなり嬉しかったな~♪

Y先生にも受付のお姉さんにも

「なっちゃん、がんばってくるんだよ」

って、イイコイイコされて、帰ってきました。

水曜日、なちゅはがんばってきます。
がんばりましゅ!
「アタチ、がんばるでしゅ!」



ブログランキングに参加しとります。

うっかり  ←こちらを   ちゃっかり  ←こちらと
そして最後に しっかり  ←こちらも

ぽちポチッとしていただけると、わんほのちゃんが踊ります♪
2008.09.15 9月15日検査費
17日放射線治療のための血液検査。。。

血液検査             11000円
ドッグフード(腸完アシスト)    4850円
診察料                 500円

消費税                 810円
合計                17160円


ブログランキングに参加しとります。

うっかり  ←こちらを   ちゃっかり  ←こちらと
そして最後に しっかり  ←こちらも

ぽちポチッとしていただけると、わんほのちゃんが踊ります♪
2008.09.14 リラァ~ックス♪
親バカ♪

なちゅのおケチュ♪
後ろにピョコっと出た、アンヨが可愛い~はあと

可愛いアンヨ♪
ひつこくて申し訳ないですが。。コレコレこのアンヨが可愛い~はあと

れくちゃんネタ『Lexus&Audi ~愛しの天使たち~
しっかりパクリました~((^┰^))どうもすみません



ブログランキングに参加しとります。

うっかり  ←こちらを   ちゃっかり  ←こちらと
そして最後に しっかり  ←こちらも

ぽちポチッとしていただけると、わんほのちゃんが踊ります♪
2008.09.11 連絡が来た。。。
今日はY先生お休みの日だけど、お昼少し前に連絡が来た。
お休みの日なのに、ずっと連絡し続けてくれてたんだな。

なつの治療経過や、今の状態を説明したところ
放射線治療が出来るそうだ。
状態から言っても、緊急に治療をした方がいいらしい。

通常ならまず診察、検査をしてから、後日放射線治療となるらしいけど
早い方がいいだろうと言うことで、赤塚さんで15日に放射線治療の前検査を行い
その結果を持って、17日午後1:30分に麻布大学に行き
その日に、全身麻酔で放射線治療を行うことになった。
普通に予約を入れたら、10月になってしまうところだけど
連絡をした先生のお昼休み時間に、無理をして予約を入れてくれたらしい。
元気はあるけど、それだけなつの状態は良くないってことなのかな?

また放射線治療をしても、抗がん治療は続けた方がいいとも言われたそうだ。
『対象になるか?。。。』で書いたように、とうちゃんの言ってたことを先生にも話して
わんほの夫婦としては、今まで使ったお薬には期待を持てないので
違うお薬なら使ってみたいということは伝えた。
これに付いては、どのお薬を使っていくか?
麻布大学の先生と相談しながら、検討していくとの事だった。

不思議な物で、治療の日が決まってみたら
なんだか不安になってきた。
全身麻酔もそうだけど、副作用も抗がん治療と同じように
骨髄抑制と吐き気・嘔吐があるらしい。
本当に、これでしこりが小さくなってくれるのかな?
なつが苦しむだけなんて事はないよな・・・

そんなことばかり、考えちゃうな。。。

でももしかしたら、放射線治療によって、何かが変わるかもしれない。
やってみなくちゃ、わからないんだからね。

変わってやりたい・・・
それでもやっぱり切ないな~(T△T)
なちゅ、おかあさんが代われるものなら、代わってやりたいよ。。。

とにかく治療の日は決まったんだ!
絶対良い方向に向かうと信じて、なつにがんばってもらうしかない!


ブログランキングに参加しとります。

うっかり  ←こちらを   ちゃっかり  ←こちらと
そして最後に しっかり  ←こちらも

ぽちポチッとしていただけると、わんほのちゃんが踊ります♪
2008.09.11 一緒にお散歩~♪
火曜日の朝から、エリーと一緒にお散歩に出始めたなつ。
疲れてくると、ダッコ光線を出して見つめるからダッコをするけど
家を出るときは、元気良く飛び出していく。
今週いっぱいは朝だけのつもりだったけど、昨日は夕方のお散歩の時
なつも行く気満々で、エリーより先に玄関に飛び出した。
涼しくなってきたせいもあるのかな?
体調も良いらしくて、昨日の夕方はダッコなしで楽しそうにずっと歩いてお散歩した。

今朝も行く気満々のなつ。
エリーがチッコをすると、その後同じところにチッコをするなつ。
プ~っ!
チッコしながら、「プ~っ!」と一発屁をこいて(≧m≦)
そのまま立派なうんちくんもした。

おやつポイントも忘れちゃいない。
これがほしいでしゅ!
顔が近すぎるってば(^m^*)

まだですか?
エリーはひたすら、ガマンの子。
おヨダレちゃんが、風になびいてました( ̄m ̄)

ジイジと♪
ジイジとのツーショットも久しぶりだね♪
朝は夕方より少し長めのお散歩だから
途中何度かダッコはあったけど、今朝も楽しそうに歩いたね(*^_^*)

家に帰って、ご飯を食べたら
お散歩の後は・・・
「食ったら、寝るんです」

ここが好き♪
「アタチはここが好きなんです」

今日も1日、元気で過ごそうね~♪


ブログランキングに参加しとります。

うっかり  ←こちらを   ちゃっかり  ←こちらと
そして最後に しっかり  ←こちらも

ぽちポチッとしていただけると、わんほのちゃんが踊ります♪
2008.09.11 対象になるか?
月曜日、フィラリアとフロンラインをもらい忘れたので
昨日もらいに行って来た。
月曜日と水曜日は、北寺尾にいるY先生と少しお話をした。

まだ麻布大学の先生と、連絡が付かないらしい。
2時間おきに電話をしてくれてるのだそうだけど
診察中だったり、手術中だったりで、つないでもらえないそうだ。

なつは10ヶ月の時、血尿で検査した結果
膀胱に影があると言われて、麻布大学を1度受診したことがある。
診察券が出てきたので、そのこともY先生に話しておいた。

病歴や治療内容等によっては、放射線治療対象外になる場合もあるらしく
なつの年齢から始まって、今までの経過も話した上で判断をしてもらうらしい。
もし対象外となれば、受診出来ないことになる。

しこりの大きさは別問題として、なつの体調としては今とても良い状態にある。
先生も早く連絡を取ろうとしてくださって、がんばってくれてるようだけど
6年前に行った時も、大混雑していたし
麻布大学は獣医さんの紹介状がないと、受診が出来ないので
こればかりは、連絡が取れるのを待つしかない。

とうちゃんと、もし放射線治療対象外って判断されたらどうしようかと話をした。
現段階で、『L-アスパラギナーゼ』は効いてくれるのはわかっている。
でもこれは腫瘍は小さくしてくれるけど、維持できる抗がん剤じゃないし
ちょこちょこと投与できるわけでもないし、毎回使っていれば
抗体が出来てしまう可能性だってある。
だとしたら、このお薬はやっぱりどうしても必要な時のために残しておきたい。
内臓転移がないということが、前提でけど・・・

なんで、首のしこりばかりが大きくなってしまうのかな?
他はなんでもないのに、首のしこりが気管や食道を圧迫して
呼吸や食欲にも影響してしまう。
今の段階では、まだ殺気立った食欲もあって、体調も良いらしくて
すこぶる元気に過ごしている。
効くかどうかもわからない抗がん治療は、もうしたくないけど
今だから、何か方法はないものかと、あきらめもつかない。

とうちゃんは、もし対象外と判断されて、また首のしこりの影響が出始めたら
もう一度『L-アスパラギナーゼ』を投与して、まだ使ったことのない
抗がん剤で対処してもらうのはどうかとも言ってる。
でもさ、赤塚さんで使ったことのない抗がん剤を使うって
それだけリスクも高い気がするし・・・
・・・って、とうちゃんと話し合ってても、二人ともうまく考えがまとまらない。
で、結局、とにかく麻布大学からの判断を待とうという事になった。

今体調の良いなつが、とにかく楽しんで安心して過ごせることが大事。

早く連絡が付けばいいんだけどな。。。


ブログランキングに参加しとります。

うっかり  ←こちらを   ちゃっかり  ←こちらと
そして最後に しっかり  ←こちらも

ぽちポチッとしていただけると、わんほのちゃんが踊ります♪
2008.09.08 診察日。。。
先週日曜日、お水のような下痢ピーになっちゃったなつだけど
月曜日の夜には、うんちくんも更生してくれた。
火曜日の朝も、良いうんちくんをしてくれたのでステロイドも再開した。

それと同時に、殺気立った食欲も復活!
すごい勢いで食べ始めてくれたので、ホッと一息だった。

だけど、残念なことに水曜日辺りから、腫瘍が動き始めた。
足やお腹はいくらかと大きくなったか?と言う感じだけど
首周りのしこりは、また見ただけでわかるほどになり
まだこの前ほどではないけど、「グフゥ~」と言う息遣いも
時々するようになってきた。

『L-アスパラギナーゼ』を投与して、その後『サイクロフォスファマイド』を
服用することにした時、とうちゃんと相談していたことがある。
いつも病院に行くと、なつはわんほのちゃんの肩にガッツリと前足でしがみつき
それを引き剥がして、Y先生にリードを渡すと

「アタチも帰る」

って、わんほのちゃんの後を追う。
いつも後ろ髪を引かれる思いで、病院に置いてくる。
効いてくれてるお薬なら、がんばる日って思えるけど
効くかどうかもわからず、効かない確立の方が高いのに
痛いお思いをさせて、淋しい思いをさせて、お散歩にも行けなくて
副作用が出れば、食欲不振に嘔吐や下痢・・・
もうその状態に、わんほのちゃん自身が限界を感じてた。

「効くかどうかもわからないお薬で、なつを苦しめるのはもうやめたい」

そうとうちゃんに話して、抗がん治療をやめる選択も考えようと話してた。
『L-アスパラギナーゼ』は良く効いてくれて、しこりは小さくなったけど
『サクロフォスファマイド』で維持できなかったら・・・
赤塚さんの使っている抗がん剤は、すべて使い果たしているなつ。
なつの身体は、多剤耐性になってしまっていたら、もう何を使っても同じこと。
この決断をすることで、なつは来年を迎えることは出来ないかもしれない。
でもその分、またエリーと一緒にお散歩にも出かけて
食べたい物たくさん食べて、いつもいつも一緒にいて
病気前と変わらない毎日を送った方が良い・・・
だから、その時はもう抗がん治療はやめよう。
だけど他はなんでもないのに、首の腫瘍のために
呼吸が出来なくなったり、食事も出来なくなるは辛い。
麻布大学での放射線治療を、試してみることは出来るか?
それによる副作用はどういうものか?
もし今回の治療がダメだったら、Y先生に相談してみようと言う事になっていた。

診察室に入り、すぐにしこりチェックをしたY先生に

「先生・・・」

口に出そうとしたら、声が詰まってしまって、涙が出た。

「・・・抗がん治療をやめる選択もありかな?って、考えてるんだけど・・・」

と、今思っていること、考えていることを話してみた。

赤塚さんで扱っている抗がん剤以外にも、まだなつが使っていない
抗がん剤はたくさんあるらしい。
なぜ赤塚さんに置いてないかというと、それらのお薬を使う
わんこがいなかったからだそうだ。
だから取り寄せようと思えば、取り寄せることは出来るらしい。
ただ多剤耐性になってるであろうなつに、そのお薬が効くかどうかがわからない。
放射線治療に関しても、どういう副作用があるかはわからないらしいけど
最近舌に腫瘍が出来て食事が出来なくなったわんこが、麻布大学で
腫瘍を摘出後、放射線治療をしたけど、副作用はまったくなく
今は元気に、お耳の治療だけに通ってきてるらしい。

が、とうちゃんは少し放射線治療には抵抗があった。
と言うのも、義弟は今認知症状がかなり進んでいて、もう排泄もダメな状態。
これは放射線治療の影響と言われているから、その副作用をとても心配していた。
けれど、今朝わんほのちゃん、ふと思ったんだよね。
確かに放射線治療の影響で、今の義弟の状態になってしまったけど
脳腫瘍の腫瘍としては、動きもなく安定している。
なつは脳ではなくて、首に放射線を当てるわけだから
その副作用の出方だって、わからない。
抗がん治療はやめたとしても、もしこの放射線治療がうまく行けば
最低でも、首の腫瘍は動きが止まってくれるかもしれない。
内臓転移さえなければ、まだまだなつは元気でいられるんじゃないかな?
なつが血液検査をしている間、その話をとうちゃんにした。
とにかくなつは元気で、食欲もある。
体重は8.6kgと思うようには増えてないけど、内臓転移があるわけでもなく
元気があるだけに、あきらめきれないところもある。
だから、放射線治療に賭けてみようと言う事になった。

麻布大学には、わんこの腫瘍科もあって腫瘍のスペシャリストがいる。
しこりが動き出してるので、この前のように食欲がなくなったり
何より呼吸に影響が出ることが、一番心配。
そうなる前に、何か手立てがあるのなら、どこにでも行く。
もし麻布大学で受診した方が良いというのなら、とにかく早めにお願いしたいと伝えた。

まずはなつの今までの経過を話し、その後の治療をどうすればいいか?
他のお薬を使用してみるか?放射線治療を行うか?
麻布大学の先生と連絡が取れ次第、電話をもらえることになった。

多剤耐性になってるだろうなつが、もし感染症などになってしまったら
抗生物質が効かなくなる可能性もあるため、前回お腹を壊したので
抗生物質を飲んだけど、白血球も9800と回復してきてるので
しばらくは抗生物質は中止。
どちらにしても、来週の水曜日までは抗がん治療は出来ない。
抗がん治療はやめたとしても、ステロイドだけは飲ませるのも
一つの方法と言うことで、1日置きに飲むことにした。

家に戻ったら、さっそくおやつの催促。
おやつくだしゃい!
「早くおやつくだしゃい!」

明日から朝だけは、エリーと一緒にお散歩に出ようね。
なつの楽しみを、復活させていこう。
微妙な距離感・・・
微妙な距離感がある、エリー&なつ。
今までの画像に比べると、やっぱりなつは一回りくらい小さくなったな・・・

なつはエリー姉さんと一緒が、一番嬉しいんだよね(*´∇`*)



ブログランキングに参加しとります。

うっかり  ←こちらを   ちゃっかり  ←こちらと
そして最後に しっかり  ←こちらも

ぽちポチッとしていただけると、わんほのちゃんが踊ります♪
2008.09.08 9月8日治療費
血液検査のみ。。。

血液検査            2000円
消化器系内服         2100円
抗がん内服(ステロイド)    400円
診察料               500円

消費税               250円
合計               5250円


ブログランキングに参加しとります。

うっかり  ←こちらを   ちゃっかり  ←こちらと
そして最後に しっかり  ←こちらも

ぽちポチッとしていただけると、わんほのちゃんが踊ります♪
2008.09.01 完全にグレた。。。
土曜日から、非行(でじでじ風)に走ってたなつのうんちくん。
が、本犬いたって元気元気で、殺気立った食欲もしっかり戻ってる。
フードも食べ始めてくれたし、食べてくるのがとっても嬉しくて・・・
土曜日は、朝昼夕と3回の排便。
1回座ると、一度で出きらないのか?2回~3回座る。
最後は出ないのに、座ったりもするからちょっと心配してたんだ。

昨日の朝、起きてすぐに出たうんちくんが、さらにゆるくなった。
病院に連れて行った方がいいかも・・・と思いつつ
食前のお薬を飲ませて、エリーのお散歩に出た。
お散歩中、なつのご飯を半分に減らして白ご飯を混ぜたら
少しはお腹にやさしいかな?なんて考えながら、歩いてて
お散歩途中で、夜勤明けのとうちゃんと合流して家に戻り
とうちゃんがエリーの足拭きをしてくれてる間に、ごはんの準備をして
なつに胃腸薬とステロイドを飲ませたんだよね。

エリーのお散歩に行ってる間に、かなりの量のお水を飲んだらしく
お薬を飲ませた直後、お水やら胃液やらと一緒に大量に嘔吐。

「あ、なつが吐いた」

とうちゃんと二人であたふたしちゃった。
なのになつときたら、こっちが焦ってるのを横目に、足拭きが終ったエリーと一緒に
とうちゃんにごはんの催促をしてるんだから、どうなってるの?って感じだよ(^m^*)

だけど、食後に出たうんちくんは、完全にグレた!
ほとんどお水状態のうんちくん。
が、本犬はやっぱりすこぶる元気で、出した後もおやつの催促してた。
でも今抗生物質を飲んでないから、もしかしたら感染症にかかってるかもと思って
早めに治療を始めれば、苦しまずに済むからと、朝一で病院に走ることに決定!
月曜日に血液検査予定だったけど、何度も病院に連れてくのも可哀想だから
Y先生にお願いして、1日早いけど血液検査もお願いすることにした。

末吉の方はいつも混んでいて、9時10分前に到着しても
すでに待合室は満員状態のことが多い。
早めに家を出て8時半前に到着したから、1番で受付を済ませた。

そんな可愛い顔されても。。。
なちゅ・・・病院でそんな可愛い顔されても・・・
今日はちょっとチックンしますよ。

血液検査の結果は、抗がん治療によって一気にしこりが小さくなってるので
腫瘍発溶解症候群がないかを調べるため、腎臓の数値もチェック。
どれも範囲内なので、問題なし。
白血球6100と骨髄抑制にかかってきてる。
炎症が起きてるという感じではないけど、感染症じゃないとも言い切れないそうな。
でも良い好中球もしっかりあるし、月曜日『L-アスパラギナーゼ』を投与する時
0だった若い好中球が478(だったかな?)と、作られ始めてるので
回復傾向の兆しもあるから、消化不良かもしれない。
元気も食欲もあるので、午前中はお水も中止にして午後からお水から始めて
夕食は少なめに、あとはお薬で様子を看ましょうと言う事になった。
吐き気止めの注射だけ打ってもらい、食道と胃を保護するお薬は変わらず
抗生物質と整腸剤のお薬をもらった。
うんちくんが、良い状態になるまで、ステロイドは中止。
うんちくんが、更生したところで再開するように言われた。

しこりに付いては、首の付け根のしこりはほとんどわからないくらいまで
小さくなっていて、他のしこりも1cm前後まで小さくなった。
首のしこりが小さくなってくれたことが、本当に嬉しいんだ~。
呼吸も荒く、食事も喉を通らないような状態だったときは

「このまま逝っちゃうなんてことはないよね?」

って、帰ってくるととうちゃんに聞いてたけど
どうなることかと、不安でしょうがなかった。
とうちゃんは、なつが呼吸も苦しくて食事も出来ずに苦しい思いをするなら
安楽死まで考えてたって言ってたくらいなんだ。
だからいつものなつに戻ってくれたことが、もう嬉しくて嬉しくて
だから、おかあさんがついつい食べる物をあげすぎちゃったんだね。

「お前、なつにやり過ぎだぞ」

って、ゲリゲリピーになる前に言われて加減し始めたとこだったんだよね。
今回のゲリゲリピーは、おかあさんのせいだな。
病院で体重を量ったら、8.4kgまで減少。
増やそうと思ってたのに、減らしてどうする?
お腹が壊れちゃったから、しょうがないって言われたけど
おかあさん、大失敗です( ̄▽ ̄;)

何事もなければ、次回は9月8日月曜日。

帰りの車の中でも、「わんわん」吠えまくって文句言いっぱなしのなつ。
車から降りたら、今はお散歩禁止中なのに、もっと歩くってダダこねるし
午前中はお水禁止だから、器を片付けておいたらこれまた吠えて

「お水ちょうだい!」

って、前足でいつもお水を置いてある場所をカリカリやって、文句言うし

「ねえ、じゃあおやつちょうだい」

って、今度はわんほのちゃんに飛びついて、肩の辺りをカリカリするし
どこまでも元気なのが、いつものなつなんだけどさ(≧m≦)

ごめんね。。。
なちゅ、ごめんね。。。
早く治して、もっと太ろうね!


ブログランキングに参加しとります。

うっかり  ←こちらを   ちゃっかり  ←こちらと
そして最後に しっかり  ←こちらも

ぽちポチッとしていただけると、わんほのちゃんが踊ります♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。